ホーム » 投稿 » 35-30 高血圧に関する記述である。

35-30 高血圧に関する記述である。

スポンサーリンク


35-30 高血圧に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ レニン分泌の増加は、血圧を上昇させる。

⑵ 副交感神経の興奮は、血圧を上昇させる。

⑶ 孤立性収縮期高血圧は、若年者に多い。

⑷ 仮面高血圧は、診察室血圧が高血圧で、家庭血圧が正常であるものをいう。

⑸ 二次性高血圧は、本態性高血圧よりも患者数が多い。

解答・解説を見る

⑴ レニン分泌の増加は、血圧を上昇させる。

レニン:血圧が低下するとレニンの分泌が増加する。
血圧は「心拍出量×末梢血管抵抗」で求められる。

⑵ 副交感神経の興奮は、血圧を低下させる。

⑶ 孤立性収縮期高血圧は、高齢者に多い。

孤立性収縮期高血圧では、収縮期血圧のみ特に高値となる。

高齢者では、老化により血管が硬くなることで収縮期血圧が上昇しやすくなる。

⑷ 仮面高血圧は、診察室血圧が正常で、家庭血圧が高血圧であるものをいう。

⑸ 二次性高血圧は、本態性高血圧よりも患者数が少ない

高血圧のうち、本態性高血圧が約90%を占めるともいわれている。

スポンサーリンク


コメント

関連記事