34-57 食品に含まれる物質に関する記述である。


スポンサーリンク


34-57 食品に含まれる物質に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

(1)アフラトキシン M 群は、牛乳から検出されるカビ毒である。

(2)フモニシンは、トウモロコシから検出されるカビ毒である。

(3)アクリルアミドは、アミノカルボニル反応によって生じる。

(4)ヘテロサイクリックアミンは、アミロペクチンの加熱によって生じる。

(5)牛肉は、トランス脂肪酸を含有する。

解答・解説を見る
(1)アフラトキシン M 群は、牛乳から検出されるカビ毒である。

(2)フモニシンは、トウモロコシから検出されるカビ毒である。

(3)アクリルアミドは、アミノカルボニル反応によって生じる。

(4)ヘテロサイクリックアミンは、アミノ酸の高温加熱(150度以上)によって生じる。

(5)牛肉は、トランス脂肪酸を含有する。


お問い合わせはこちら



コメント