34-23 サルコペニアに関する記述である。


34-23 サルコペニアに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)加齢による場合は、二次性サルコペニアという。

(2)サルコペニアは、内臓脂肪量で評価する。

(3)筋肉量は、増加する。

(4)握力は、増大する。

(5)歩行速度は、遅くなる。

解答・解説を見る
(1)加齢による場合は、一次性サルコペニアという。

寝たきりなどが原因となる場合を、二次性サルコペニアという。

(2)サルコペニアは、四肢骨格筋量で評価する。

(3)筋肉量は、減少する。

(4)握力は、低下する。

(5)歩行速度は、遅くなる
歩行速度が0.8m/秒以下であることが診断基準に含まれる。
歩行速度が>0.8m/秒である場合は握力測定をし、男性30kg、女性20kgを基準として診断に用いる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント