コンテンツへスキップ

34-40 免疫と生体防御に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-40 免疫と生体防御に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)溶血性貧血は、Ⅲ型アレルギーの機序で起こる。

    (2)ツベルクリン反応は、Ⅱ型アレルギーの機序で起こる。

    (3)形質細胞は、液性免疫を担う。

    (4)IgA は、免疫グロブリンの中で最も血中濃度が高い。

    (5)IgG は、 5 量体である。

    解答・解説を見る
    (1)溶血性貧血は、主にⅡ型アレルギー(細胞傷害型反応)の機序で起こる。

    (2)ツベルクリン反応は、Ⅳ型アレルギー(細胞免疫型反応)の機序で起こる。

    (3)形質細胞は、液性免疫を担う。

    (4)IgGは、免疫グロブリンの中で最も血中濃度が高い。

    IgAは分泌液中に存在する。

    特に初乳中に高濃度に分泌されており、新生児の感染予防の役割を担っている。

    (5)IgMは、 5 量体である。

    IgGは、単量体である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事