コンテンツへスキップ

34-22 恒常性(ホメオスタシス)に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-22 恒常性(ホメオスタシス)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)感覚神経は、自律神経である。

    (2)生体にストレスが加わると、副交感神経が優位に活性化される。

    (3)ヒトの概日リズム(サーカディアンリズム)は、約 12 時間である。

    (4)体温調節の中枢は、視床下部にある。

    (5)代謝性アシドーシスが生じると、呼吸が抑制される。

    解答・解説を見る
    (1)感覚神経は、体性神経である。

    交感神経と副交感神経が、自律神経である。
    体性神経と自律神経を合わせて末梢神経と呼ぶ。

    (2)生体にストレスが加わると、交感神経が優位に活性化される。

    (3)ヒトの概日リズム(サーカディアンリズム)は、約 24 時間である。

    (4)体温調節の中枢は、視床下部にある。

    (5)代謝性アシドーシスが生じると、呼吸が促進される。


    ホメオスタシス:homeostasis

    交感神経:Sympathetic nerve

    副交感神経:Parasympathetic nerve

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事