コンテンツへスキップ

34-34 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-34 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)左気管支は、右気管支より垂直に近い。

    (2)外肋間筋は、呼気時に収縮する。

    (3)肺胞膜を介してのガス拡散能は、二酸化炭素より酸素が高い。

    (4)二酸化炭素は、血液中で重炭酸イオンになる。

    (5)静脈血の酸素飽和度は、約 97% である。

    解答・解説を見る
    (1)右気管支は、左気管支より垂直に近い。
    左側には心臓があるため、右気管支と比べて左気管支は水平に近い角度となっている。
    誤嚥の際には垂直に近い右気管支に入りやすく、肺炎につながりやすい。

    (2)外肋間筋は、吸気時に収縮する。

    (3)肺胞膜を介してのガス拡散能は、酸素より二酸化炭素が高い

    (4)二酸化炭素は、血液中で重炭酸イオンになる。

    (5)動脈血の酸素飽和度は、約 97% である。
    静脈血の酸素飽和度は、約 75% である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事