34-37 骨粗鬆症に関する記述である。


34-37 骨粗鬆症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)骨芽細胞は、骨吸収に働く。

(2)カルシトニンは、骨吸収を促進する。

(3)エストロゲンは、骨形成を抑制する。

(4)尿中デオキシピリジノリンは、骨形成マーカーである。

(5)YAM(若年成人平均値)は、骨密度の評価に用いられる。

解答・解説を見る
(1)骨芽細胞は骨形成を行う細胞である。

骨吸収を行うのは破骨細胞である。

(2)カルシトニンは破骨細胞の働きを抑え、骨吸収を抑制し、骨形成を亢進させる。

(3)エストロゲンは骨吸収を抑制し、骨形成を促進する。

(4)尿中デオキシピリジノリンは骨吸収のマーカーである。

(5)YAM(Young Adult Mean:若年成人平均値)は、骨密度の評価に用いられる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント