コンテンツへスキップ

34-24 臨床検査に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-24 臨床検査に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)心電図検査は、画像検査である。

    (2)X 線検査は、生理機能検査である。

    (3)超音波検査は、妊娠中には禁忌である。

    (4)スパイロメトリは、拘束性肺障害の診断に用いられる。

    (5)核磁気共鳴イメージング(MRI)検査では、放射線被曝がある。

    解答・解説を見る
    (1)心電図検査は、生理機能検査である。

    (2)X 線検査は、画像検査である。

    (3)超音波検査は、妊娠中に胎児の観察に一般的に用いている。

    (4)スパイロメトリは、拘束性肺障害の診断に用いられる。
    %肺活量が80%以下の場合拘束性肺障害と診断する。

    (5)核磁気共鳴イメージング(MRI)検査では、放射線被曝がない。
     CT検査では放射線被爆がある。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事