34-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。


34-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)僧帽弁を通る血液は、動脈血である。

(2)肺静脈を流れる血液は、静脈血である。

(3)左心室の壁厚は、右心室の壁厚より薄い。

(4)交感神経の興奮は、心拍数を低下させる。

(5)アンジオテンシンⅡは、血圧を低下させる。

解答・解説を見る
(1)僧帽弁を通る血液は、動脈血である。
僧帽弁は左心にあるため、動脈血が流れる。

(2)肺静脈を流れる血液は、動脈血である。

(3)左心室の壁厚は、右心室の壁厚より厚い

(4)交感神経の興奮は、心拍数を上昇させる。

(5)アンジオテンシンⅡは、血圧を上昇させる。
アンジオテンシンⅡは全身の動脈を収縮させるとともに、副腎皮質からのアルドステロン分泌を促進させるため、血圧上昇にはたらく。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント