コンテンツへスキップ

34-27 肥満症の診断基準に必須な健康障害である。

    スポンサーリンク


    34-27 肥満症の診断基準に必須な健康障害である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)脂質異常症

    (2)高血圧

    (3)閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)

    (4)COPD(慢性閉塞性肺疾患)

    (5)変形性関節症

    解答・解説を見る

    (1)脂質異常症

    (2)高血圧

    (3)閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)

    (4)COPD(慢性閉塞性肺疾患)

    COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な原因は喫煙・受動喫煙である。

    (5)変形性関節症


    肥満症と診断するには、BMI≧25 kg/m2を満たし、下記健康障害があること。

    <健康障害>

    耐糖能障害、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症、冠動脈疾患、脳こうそく、NAFLD、月経異常、肥満関連腎臓病、変形性関節症、睡眠時無呼吸症候群


    COPD:chronic obstructive pulmonary disease

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事