コンテンツへスキップ

34-20 生体エネルギーと酵素に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-20 生体エネルギーと酵素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)クレアチンリン酸は、ATP の加水分解に用いられる。

    (2)酸化的リン酸化による ATP 合成は、 細胞質ゾルで行われる。

    (3)脱共役たんぱく質(UCP)は、ミトコンドリア内膜に存在する。

    (4)アイソザイムは、同じ一次構造をもつ。

    (5)酵素は、触媒する化学反応の活性化エネルギーを増大させる。

    解答・解説を見る
    (1)クレアチンリン酸は、ATP の合成に用いられる。

    (2)酸化的リン酸化によるATP合成は、ミトコンドリアで行われる。

    酸化的リン酸化による ATP 合成は、 ミトコンドリア内膜とマトリックスのイオン濃度勾配のエネルギーを用いる。

    (3)脱共役たんぱく質(UCP)は、ミトコンドリア内膜に存在する。

    (4)アイソザイムは、異なる一次構造をもつが、同じ化学反応を起こす。

    (5)酵素は、触媒する化学反応の活性化エネルギーを減少させる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事