34-39 血液疾患に関する記述である。


34-39 血液疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)鉄欠乏性貧血では、総鉄結合能(TIBC)が低下する。

(2)悪性貧血は、内因子の欠如で起こる。

(3)腎性貧血では、エリスロポエチン産生が亢進する。

(4)特発性血小板減少性紫斑病(ITP)では、ビタミン K 欠乏がみられる。

(5)血友病では、ハプトグロビンが低下する。

解答・解説を見る
(1)鉄欠乏性貧血では、総鉄結合能(TIBC)は高値を示す。

(2)悪性貧血は、内因子の欠如で起こる。

(3)腎性貧血は、エリスロポエチン産生が低下する。

(4)特発性血小板減少性紫斑病(ITP)はビタミンB12、葉酸の欠乏による溶血性貧血がみられる。

(5)溶血性貧血では、ハプトグロビンが低下する。

血友病は、血液凝固因子である第VIII因子あるいは第IX因子の欠損や活性低下によりおこる。


問題・解説についてのお問い合わせ

34-39 血液疾患に関する記述である。” への2件のフィードバック

  1. p様
    ご指摘ありがとうございます。
    内容を確認し、訂正させていただきました。

コメント