コンテンツへスキップ

34-21 アミノ酸・たんぱく質・糖質の代謝に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-21 アミノ酸・たんぱく質・糖質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)アスパラギン酸は、アミノ基転移反応によりピルビン酸になる。

    (2)ロイシンは、糖原性アミノ酸である。

    (3)ペントースリン酸回路は、ミトコンドリアに存在する。

    (4)グルコース 6 ホスファターゼは、筋肉に存在する。

    (5)グリコーゲンは、加リン酸分解されるとグルコース 1 リン酸を生じる。

    解答・解説を見る
    (1)アスパラギン酸は、アミノ基転移反応によりオキサロ酢酸になる。

    (2)ロイシンは、ケト原性アミノ酸である。

    ケト原性アミノ酸のみの性質であるのはロイシン、リシンの2種類。
    ケト原性かつ糖原性アミノ酸であるものは、チロシン、イソロイシン、トリプトファン、フェニルアラニンの4種類
    その他のアミノ酸は糖原性アミノ酸である。

    (3)ペントースリン酸回路は、細胞質ゾルに存在する。

    (4)グルコース 6 ホスファターゼは、肝臓と腎臓に存在する。

    (5)グリコーゲンは、加リン酸分解されるとグルコース 1 リン酸を生じる。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事