34-41 免疫・アレルギー疾患に関する記述である。


34-41 免疫・アレルギー疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)強皮症では、胃食道逆流症がみられる。

(2)全身性エリテマトーデス(SLE)は、男性に多い。

(3)関節リウマチでは、蝶形紅斑がみられる。

(4)シェーグレン症候群では、涙液分泌の増加がみられる。

(5)食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、IgA 依存性である。

解答・解説を見る
(1)強皮症では、胃食道逆流症がみられる。

(2)全身性エリテマトーデス(SLE)は、20~30代の女性に多い。

(3)全身性エリテマトーデス(SLE)では、蝶形紅斑がみられる。

(4)シェーグレン症候群では、涙液や唾液分泌の低下がみられる。

(5)食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、IgE依存性である。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント