34-42 感染症に関する記述である。


34-42 感染症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)わが国の肝細胞がんの原因として、B 型肝炎ウイルスが最も多い。

(2)黄色ブドウ球菌は、グラム陰性球菌である。

(3)結核は、新興感染症である。

(4)レジオネラ感染症の原因は、生の鶏肉の摂取である。

(5)カンジダ症は、消化管に起こる。

解答・解説を見る
(1)わが国の肝細胞がんの原因として、C型肝炎ウイルスが最も多い。

(2)黄色ブドウ球菌は、グラム陽性球菌である。

(3)結核は、再興感染症である。

また、結核は二類感染症に分類される。

(4)レジオネラ感染症の原因は、空調機からのエアロゾルを肺へ吸入すること(経気道感染)である。

生の鶏肉の摂取は、カンピロバクターやサルモネラ菌などの食中毒感染のリスクを高める。

(5)カンジダ症は、消化管に起こる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント