34-25 症候に関する記述である。


34-25 症候に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)浮腫は、血漿膠質浸透圧の上昇により出現する。

(2)鮮血便は、上部消化管からの出血により出現する。

(3)腹水は、右心不全により出現する。

(4)吐血は、呼吸器からの出血である。

(5)JCS(Japan Coma Scale)は、認知機能の指標である。

解答・解説を見る
(1)浮腫は、血漿膠質浸透圧の低下により出現する。

(2)鮮血便は、下部消化管からの出血により出現する。

(3)腹水は、右心不全により出現する。

・右心不全の主な症状:浮腫、うっ血、頸静脈の怒張
・左心不全の主な症状:労作時呼吸困難、起坐呼吸、動悸、チアノーゼ
右心不全は、左心不全に続いて起こることが多い。

(4)吐血は、消化器からの出血である。
また、喀血は、呼吸器からの出血である。

(5)JCS(Japan Coma Scale)は、意識障害の指標である


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント