33-63 食品の保存に関する記述である。


スポンサーリンク

33-63 食品の保存に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)微生物の生育は、食品を冷蔵保存することで止まる。
(2)米飯の老化は、冷凍食品に比べて冷蔵保存で抑制される。
(3)魚肉の脂質の酸化は、長期冷凍保存では起こらない。
(4)さつまいもは、10℃以下で貯蔵する。
(5)野菜の呼吸作用は、室温保存中も進行する。

解答・解説を見る
(1)微生物の生育は、食品を冷蔵保存しても止まらない。

微生物の種類によって生育最適温度は異なる。冷蔵保存によって生育が抑制される場合はあるが、止まることはない。

(2)米飯の老化は、冷蔵保存に比べて冷凍保存で抑制される。

(多めに炊いて残ったご飯を長くおいしく食べるためには、早めに冷凍庫で保存しましょう!)

(3)魚肉の脂質の酸化は、長期冷凍保存で起こる

(4)さつまいもは、10℃~15℃で貯蔵する。

さつまいもを10℃以下で貯蔵すると、低温障害を引き起こす原因となるため注意が必要である。

(5)野菜の呼吸作用は、室温保存中も進行する。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント