コンテンツへスキップ

33-51 食品の呈味とその主成分に関する記述である。

    スポンサーリンク


    33-51 食品の呈味とその主成分に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)わさびの辛味は、ピペリンによる。
    (2)干しシイタケのうま味は、グルタミン酸による。
    (3)にがうりの苦味は、テオフィリンによる。
    (4)柿の渋味は、不溶性ペクチンによる。
    (5)たけのこのえぐ味は、ホモゲンチジン酸による。

    解答・解説を見る
    (1)わさびの辛味は、アリルイソチオシアネートによる。

    ピペリンは、こしょうの辛味成分である。

    (2)干しシイタケのうま味は、グアニル酸による。

    グルタミン酸は、こんぶのうま味成分である。

    (3)にがうりの苦味は、ククルビタシンモモルデシンによる。

    テオフィリンは、茶葉に含まれる。

    (4)柿の渋味は、可溶性タンニンによる。

    (5)たけのこのえぐ味は、ホモゲンチジン酸による。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事