33-58 食品添加物に関する記述である。


スポンサーリンク

33-58 食品添加物に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)無毒性量は、ヒトへの試験をもとに設定される。
(2)使用基準は、一日摂取許容量(ADI)を超えないように設定される。
(3)指定添加物は、消費者庁長官によって指定される。
(4)ソルビン酸カリウムは、酸化防止の目的で添加される。
(5)オルトフェニルフェノールは、漂白の目的で添加される。

解答・解説を見る
(1)無毒性量は、動物実験をもとに設定される。

(2)使用基準は、一日摂取許容量(ADI)を超えないように設定される。

一日摂取許容量(ADI)は、無毒性量を安全係数で除して算出される。

(3)指定添加物は、厚生労働大臣によって指定される。

(4)ソルビン酸カリウムは、保存料として添加される。

(5)オルトフェニルフェノールは、防カビ剤として添加される。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント