33-57 食品中の汚染物質に関する記述である。


スポンサーリンク

33-57 食品中の汚染物質に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、水に溶けやすい。
(2)デオキシニバレノールは、りんごを汚染するカビ毒である。
(3)ストロンチウム90は、甲状腺に沈着しやすい。
(4)メチル水銀の毒性は、中枢神経系に現れる。
(5)アフラトキシンは、調理加熱で分解されやすい。

解答・解説を見る
(1)ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、水に溶けにくくに溶けやすい。

(2)デオキシニバレノールは、小麦や大麦、とうもろこし等を汚染するカビ毒である。

リンゴを汚染するカビ毒は、パツリンである。

(3)ストロンチウム90は、骨(骨髄)に沈着しやすい。

 ヨウ素131は、甲状腺に沈着しやすい。

(4)メチル水銀の毒性は、中枢神経系に現れる。

(5)アフラトキシンは、熱に強く通常の調理加熱ではまず分解されない。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント