33-62 食品の加工に関する記述である。


スポンサーリンク

33-62 食品の加工に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)遺伝子組み換え食品は、加工食品に利用できない。
(2)小麦粉は、一次加工食品である。
(3)手作りの味噌は、二次加工食品である。
(4)精白米は、二次加工食品である。
(5)マヨネーズは、三次加工食品である。

解答・解説を見る
(1)遺伝子組み換え食品は、加工食品に利用できる

遺伝子組み換え食品として認められているものは、じゃがいも、大豆、てんさい、とうもろこし、菜種、綿実、アルファルファ、パパイヤである。

(2)小麦粉は、一次加工食品である。

(3)手作りの味噌は、一次加工食品である。

(4)精白米は、一次加工食品である。

(5)マヨネーズは、二次加工食品である。

スーパーのお惣菜などの調理済み食品やレトルト食品、コンビニ弁当などは、主に三次加工食品である。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント