33-54 食品の変質に関する記述である。


33-54 食品の変質に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)油脂の酸敗は、窒素ガスの充填によって抑制される。
(2)アンモニアは、魚肉から発生する揮発性塩素窒素の成分である。
(3)硫化水素は、食肉の含硫アミノ酸が微生物によって分解されて発生する。
(4)ヒスタミンは、ヒスチジンが脱アミノ化されることで生成する。
(5)K値は、ATP関連化合物が酸素的に代謝されると上昇する。

解答・解説を見る
(1)油脂の酸敗は、窒素ガスの充填によって抑制される。

(2)アンモニアは、魚肉から発生する揮発性塩素窒素の成分である。

(3)硫化水素は、食肉の含硫アミノ酸が微生物によって分解されて発生する。

(4)ヒスタミンは、ヒスチジンにヒスチジン脱炭酸酵素が作用し生成する。

(5)K値は、ATP関連化合物が酸素的に代謝されると上昇する。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント