33-50 食品とその色素成分の組合せである。


スポンサーリンク

33-50 食品とその色素成分の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)とうがらし―――カプサイシン
(2)すいか―――――リコペン
(3)いちご―――――ベタニン
(4)赤ビート――――フィコエリスリン
(5)卵黄――――――レンチオニン

解答・解説を見る
(1)カプサイシンは、とうがらしの辛味成分である。

とうがらしの赤い色素成分は、カロテノイド系のカプサンチンである。

(2)すいか―――――リコペン

(3)いちごの色素成分は、アントシアン系のカリステフィンである。

(4)赤ビートの色素成分は、ベタシアニン系のベタニンである。

フィコエリスリンは、紅藻類の海藻に含まれる。

(5)卵黄の色素成分は、主にカロテノイド系のルテインである。

レンチオニンは、干しシイタケの香り成分である。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント