33-173 給食の食材管理に関する記述である。


33-173 給食の食材管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)廃棄部のある食材料は、1人分の純使用料に予定食数を乗じて発注する。
(2)即日消費する生鮮食品の納品は、食品受払簿に記録する。
(3)冷凍食品の検収では、化学的検査法による鑑別を行う。
(4)在庫品の棚卸しは、不定期に行う。
(5)期末在庫金額は、期間食材料費の算定資料となる。

解答・解説を見る
(1)廃棄部のある食材料は、1人分の純使用料÷(1-廃棄率)で計算して発注する。

(2)食品受払簿に記録するのは、在庫食品(食事つ消費されない食品)であり、即日消費の生鮮食品はそれには記録しない。

(3)冷凍食品の検収では、表面温度計で品温を測定する。
日常の検収で、化学的検査法による鑑別は行わない。

(4)在庫品の棚卸しは、定期的に行う。

(5)期末在庫金額は、期間食材料費の算定資料となる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント