32-23 加齢・疾患に伴う変化に関する記述である。

スポンサーリンク

32-23 加齢・疾患に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)細胞分裂を繰り返すと、テロメアは長くなる。
(2)プログラム化された細胞死を、ネクローシスという。
(3)加齢に伴い、細胞内水分量は増加する。
(4)加齢に伴う臓器の萎縮を、廃用性萎縮という。
(5)脳血管疾患は、認知症の原因になる。

解答・解説を見る

(1)細胞分裂を繰り返すと、テロメアは短くなる。

(2)プログラム化された細胞死を、アポトーシスという。

 ネクロ―シスは、細胞の障害や壊死などの細胞死である。炎症を伴うことがおおい。

(3)加齢に伴い、細胞内水分量は減少する。

(4)加齢に伴う臓器の萎縮を、生理的萎縮という。

 廃用性委縮は、寝たきりなど安静状態が長く続くことにより起こる。

(5)脳血管疾患は、認知症の原因になる。

 脳血管疾患による認知症を脳血管性認知症という。また、アルツハイマー病によるものをアルツハイマー型認知症という。

コメント