コンテンツへスキップ

32-20 酵素に関する記述である。

    スポンサーリンク


    32-20 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)ミカエリス定数(Km)が小さいほど、酵素と基質の親和性が低い。
    (2)アポ酵素は、単独で酵素活性をもつ。
    (3)化学反応における活性化エネルギーは、酵素によって低下する。
    (4)酵素の反応速度は、至適pHで最小となる。
    (5)律速酵素は、代謝経路で最も速い反応に関与する。

    解答・解説を見る

    (1)ミカエリス定数(Km)が小さいほど、酵素と基質の親和性が高い。

     ミカエリス定数…酵素の反応速度が最大反応速度(Vmax)の半分になるときの基質濃度

    (2)ホロ酵素は、単独で酵素活性をもつ。

     アポ酵素+補酵素=ホロ酵素
     アポ酵素単独では酵素活性はない。

    (3)化学反応における活性化エネルギーは、酵素によって低下する。

    (4)酵素の反応速度は、至適pHで最大となる。

    (5)律速酵素は、代謝経路で最も遅い反応に関与する酵素であり、その反応の速度を決めている。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事