30-21 酵素に関する記述である。


スポンサーリンク

30-21 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)反応速度は、至適pHで最小となる。
(2)酵素と基質の親和性は、ミカエリス定数(Km)が大きいほど高い。
(3)アポ酵素は、単独で酵素活性を持つ。
(4)乳酸脱水素酵素は、アイソザイムがある。
(5)化学反応における活性化エネルギーは、酵素によって増大する。

解答・解説を見る
(1)反応速度は、至適pHで最大となる。
 反応速度が最大となる条件は他にも反応温度、基質温度、塩温度などがある。

(2)酵素と基質の親和性は、ミカエリス定数(Km)が大きいほど低い。
 ミカエリス定数とは、最大速度の1/2の速度を与える基質濃度である。

(3)アポ酵素は、単独で酵素活性を持たない。
 酵素活性とは、酵素の示す触媒作用のことである。アポ酵素は酵素活性を持たないが、酵素活性をもつものはホロ酵素と言われる。

(4)乳酸脱水素酵素は、アイソザイムがある。
 アイソザイムとは、酵素としての作用は同じであるが、異なるタンパク質分子のもの。アイソザイムの血清濃度比などによって疾患の判定をすることができる。

(5)酵素は、活性化エネルギーを減少させて、生体内での反応を円滑にする。
 活性化エネルギーとは、化学反応を起こすために必要なエネルギーのことである。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント