コンテンツへスキップ

30-44 感染症に関する記述である。

    スポンサーリンク


    30-44 感染症に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

    (1)エイズ(AIDS)では、CD4陽性リンパ球が増加する。
    (2)MRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌)の感染経路は、接触感染である。
    (3)麻疹の感染経路は、経口感染である。
    (4)結核は、新興感染症である。
    (5)ヘリコバクター・ピロリ菌は、ウレアーゼ活性をもつ。

    解答・解説を見る

    (1)エイズ(AIDS)では、CD4陽性リンパ球が減少する。

    (2)MRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌)の感染経路は、接触感染である。

    (3)麻疹の感染経路は、空気感染のほか、飛沫や接触感染などの経路がある。

    (4)結核は、新興感染症ではなく、2類感染症である。

    (5)ヘリコバクター・ピロリ菌は、ウレアーゼ活性をもつ。


     

      新興感染症


    ・SARS(重症急性呼吸器症候群)
    ・鳥インフルエンザ
    ・ウエストナイル熱
    ・エボラ出血熱
    ・クリプトスポリジウム症
    ・クリミア・コンゴ出血熱
    ・後天性免疫不全症候群(HIV)
    ・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
    ・腸管出血性大腸菌感染症
    ・ニパウイルス感染症
    ・日本紅斑熱
    ・バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)感染症
    ・マールブルグ病
    ・ラッサ熱

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事