コンテンツへスキップ

30-30 消化器がんに関する記述である。

    スポンサーリンク


    30-30 消化器がんに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)食道がんには、腺がんが多い。
    (2)ダンピング症候群は、食道がん術後の合併症である。
    (3)早期胃がんでは、ボールマン(Borrmann)分類が用いられる。
    (4)大腸がん検診には、便潜血反応が用いられる。
    (5)肝細胞がんの治療では、外科手術は禁忌である。

    解答・解説を見る

    (1)食道がんには、扁平上皮がんが多い。

    (2)ダンピング症候群は、胃切除後症候群である。

    (3)進行胃がんでは、ボールマン(Borrmann)分類が用いられる。

    (4)大腸がん検診には、便潜血反応が用いられる。

    (5)肝細胞がんの治療では、外科手術は禁忌ではない。がんとその周囲の肝臓の組織を手術によって取り除く治療が行われる。


     

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事