30-37 神経疾患に関する記述である。


スポンサーリンク

30-37 神経疾患に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)アルツハイマー病は、認知症の原因となる。
(2)アルツハイマー病には、ドーパミン補充が有効である。
(3)パーキンソン病の原因は、アミロイドβたんぱくの脳内蓄積である。
(4)パーキンソン病では、嚥下障害をきたす。
(5)ウェルニッケ脳症は、ビタミンB6の欠乏で起きる。

解答・解説を見る

(1)アルツハイマー病は、認知症の原因となる。(これをアルツハイマー型認知症といいます。)

(2)アルツハイマー病には、エストロゲン補充が有効である。

(3)パーキンソン病の原因は、現在不明である。アミロイドβたんぱくの脳内蓄積が原因となるのはアルツハイマー病である。

(4)パーキンソン病では、嚥下障害をきたす。

(5)ウェルニッケ脳症は、ビタミンB1の欠乏で起きる。

 

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント