コンテンツへスキップ

30-22 ヒト体内の窒素化合物に関する記述である。

    スポンサーリンク


    30-22 ヒト体内の窒素化合物に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)クレアチンは、クレアチニンの代謝産物である。
    (2)グルタミン酸は、オキサロ酢酸から生成される。
    (3)セロトニンは、チロシンから生成される。
    (4)ドーパミンは、グルタミンから生成される。
    (5)アンモニアは、肝臓で尿素に変換される。

    解答・解説を見る

    (1)クレアチンの代謝産物はクレアチニンである。
     クレアチンは、ATPと反応するとクレアチンリン酸となり、クレアチンリン酸は筋肉内で非酵素的脱水によってクレアチニンとなって、尿中に排泄される。

    (2)グルタミン酸は、グルタミン酸脱水素酵素によってαケトグルタル酸から生成される。

    (3)セロトニンは、トリプトファンから生成される。
     その他の組合わせ
     ・トリプトファン→メラトニン、セロトニン 
     ・ヒスチジン→ヒスタミン
     ・チロシン→ドーパミン(アドレナリン、ノルアドレナリン)

    (4)ドーパミンは、チロシンから生成される。
     ドーパミンは、アドレナリンやノルアドレナリンの前駆体の神経伝達物質である。

    (5)アンモニアは、肝臓で尿素に変換される。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事