30-23 個体の恒常性を維持するための反応に関する記述である。


スポンサーリンク

30-23 個体の恒常性を維持するための反応に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)血液のpHが上昇すると、腎からのH+排泄は促進される。
(2)血液のpHが低下すると、呼吸反応は促進される。
(3)血圧が低下すると、アドレナリンの分泌は抑制される。
(4)循環血液量が減少すると、アルドステロンの分泌は抑制される。
(5)血液浸透圧が上昇すると、バソプレシンの分泌は抑制される。

解答・解説を見る

(1)血液のpHが上昇すると、腎からのH+排泄は抑制される。
 腎からのH+の排泄を促進させることによって、血液のpHを低下させる。また、血液のpHが通常よりも上昇した状態を「アルカローシス」という。

(2)血液のpHが低下すると、呼吸反応は促進される。
 血液のpHの通常よりも低下した状態を「アシドーシス」という。アシドーシスになると、呼吸反応の促進とともに、CO2の排泄を促進させる。
 逆に、アルカローシスでは呼吸反応は抑制されるとともに、CO2の排泄は抑制される。

(3)血圧が低下すると、アドレナリンの分泌は促進される。
 アドレナリンには、血圧を上昇させる作用がある。

(4)循環血液量が減少すると、アルドステロンの分泌は促進される。
raas
(5)血液浸透圧が上昇すると、バソプレシンの分泌は促進される。
 バソプレシンは、抗利尿ホルモンともいわれ、下垂体後葉から分泌される。
 バソプレシンには、水の再吸収を促進する作用があり血液の浸透圧を低下させようとする作用がある。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント