30-40 妊娠と妊娠合併症に関する記述である。


スポンサーリンク

30-40 妊娠と妊娠合併症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)受精卵の着床部位から、プロゲステロンが分泌される。
(2)オキシトシンは、乳汁の産生を促進する。
(3)妊娠により、黄体は消失する。
(4)糖代謝異常合併妊娠では、ケトアシドーシスの頻度が増加する。
(5)妊娠高血圧症候群の重症度は、血清アルブミン値で分類する。

解答・解説を見る
(1)プロゲステロンは卵巣の黄体から分泌される。また、妊娠中期以降になると、胎盤からも分泌される。受精卵の着床部位からは、プロゲステロンは分泌されない。

(2)プロラクチンは、乳汁の産生を促進する。
 オキシトシンは子宮の平滑筋や乳管の平滑筋を収縮させる。

(3)妊娠しても出産を終えるまで、黄体は存在する。

(4)糖代謝異常合併妊娠では、ケトアシドーシスの頻度が増加する。

(5)妊娠高血圧症候群の重症度は、血清アルブミン値では分類されない。
 病型分類では発症から正常化までの期間によって分類され、重症度の分類では血圧やタンパク尿によって分類される。

 

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント