コンテンツへスキップ

30-19 脂肪酸に関する記述である。

    スポンサーリンク


    30-19 脂肪酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)パルミチン酸は、不飽和脂肪酸である。
    (2)エイコサペンタエン酸は、アラキドン酸と比べて炭素数が多い。
    (3)β酸化される炭素は、脂肪酸のカルボキシ基の炭素の隣に存在する。
    (4)オレイン酸は、ヒトの体内で合成できる。
    (5)トランス脂肪酸は、飽和脂肪酸である。

    解答・解説を見る

    (1)パルミチン酸は、飽和脂肪酸である。

    (2)エイコサペンタエン酸は炭素数20、アラキドン酸も炭素数20で同じである。

    (3)β酸化される炭素は、脂肪酸アシル鎖のカルボキシ末端から2炭素がアセチルCoAとして分離していく。

    (4)オレイン酸は、ヒトの体内で合成できる。

    (5)トランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事