30-39 骨に関する記述である。


スポンサーリンク

30-39 骨に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ

(1)骨の主な有機成分は、コラーゲンである。
(2)骨端軟骨は、乳児期に消失する。
(3)骨量は、エストロゲンにより減少する。
(4)骨量は、荷重により減少する。
(5)破骨細胞は、カルシトニンにより活性化される。

解答・解説を見る

(1)骨の主な有機成分は、コラーゲンである。

(2)骨端軟骨は、思春期を過ぎたころ(成長期が終ったころ)に消失する。

(3)骨量は、エストロゲンにより増加する。
骨量はエストロゲンによって増加する。逆に、閉経などによってエストロゲンの分泌が減少すると骨量は減少するのはこのためである。

(4)骨量は、荷重により増加する。
荷重が加わると、破骨細胞(骨吸収)は抑制され骨芽細胞(骨形成)が刺激されることによって骨量は増加する。

(5)破骨細胞は、パラソルモンにより活性化される。
 骨芽細胞は、カルシトニンにより活性化される。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント