コンテンツへスキップ

30-34 ホルモン分泌の調節機構に関する記述である。

    スポンサーリンク


    30-34 ホルモン分泌の調節機構に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)血糖値の上昇は、グルカゴンの分泌を促進する。
    (2)血中カルシウム値の低下は、カルシトニンの分泌を促進する。
    (3)ストレスは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を促進する。
    (4)チロキシンの過剰分泌は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を促進する。
    (5)閉経により、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が低下する。

    解答・解説を見る

    (1)血糖値の上昇は、グルカゴンの分泌を抑制する。
     血糖値の低下  グルカゴンの分泌促進
     血糖値の上昇 
     グルカゴンの分泌抑制

    (2)血中カルシウム値の低下は、カルシトニンの分泌を抑制し、パラソルモンの分泌を促進する。

    (3)ストレスは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を促進する。
     (ストレスと副腎には密接な関係があるとされており、ある動物から副腎を取り除いたところ、ストレスに対応しきれず死亡してしまったという説もある。)

    (4)チロキシンの過剰分泌は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を抑制する。
     チロキシンは、いわゆる甲状腺ホルモンである。甲状腺ホルモンが過剰であれば、負のフィードバックによって甲状腺刺激ホルモンの分泌は抑制され、甲状腺ホルモンの分泌が低下した場合は分泌は促進される。

    (5)閉経により、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が増加する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事