ホーム » 投稿 » 26-125 臨床検査値による栄養状態の評価に関する記述である。

26-125 臨床検査値による栄養状態の評価に関する記述である。

スポンサーリンク


26-125 臨床検査値による栄養状態の評価に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 血清アルブミン値は、栄養不良により上昇する。
(2) 血中尿素窒素値は、食事摂取量の影響を受けない。
(3) 尿中クレアチニン排泄量は、筋肉量の指標となる。
(4) 血清トランスフェリン値は、脂質代謝の指標となる。
(5) 血清C-ペプチド値は、尿酸代謝の指標となる。

解答・解説を見る

(1) 血清アルブミン値は、栄養不良により低下する。

(2) 血中尿素窒素値は、食事摂取量の影響を受ける。
 (高タンパク質食、脱水、肝・腎機能障害→増加)

(3) 尿中クレアチニン排泄量は、筋肉量の指標となる。

(4) 血清トランスフェリン値は、の不足などに反応し鉄欠乏性貧血の場合では増加する。

(5) 血清C-ペプチド値はインスリン分泌の指標となる。

スポンサーリンク


関連記事