ホーム » 投稿 » 35-49 食品とその呈味成分に関する記述である。

35-49 食品とその呈味成分に関する記述である。

スポンサーリンク


35-49 食品とその呈味成分に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 柿の渋味成分は、オイゲノールである。

⑵ たこのうま味成分は、ベタインである。

⑶ ヨーグルトの酸味成分は、酒石酸である。

⑷ コーヒーの苦味成分は、ナリンギンである。

⑸ とうがらしの辛味成分は、チャビシンである。

解答・解説を見る
⑴ 柿の渋味成分は、タンニンである。

オイゲノール(Eugenol)は、植物の精油に含まれる。

⑵ たこのうま味成分は、ベタインである。

⑶ ヨーグルトの酸味成分は、乳酸や酢酸などの有機酸である。

酒石酸(Tartaric acid)はブドウに含まれている。

⑷ コーヒーの苦味成分は、カフェインやクロロゲン酸である。

ナリンギンは、柑橘類の苦味成分である。

⑸ とうがらしの辛味成分は、カプサイシンである。

チャビシンは、こしょうの辛味成分である。

スポンサーリンク


コメント