ホーム » 投稿 » 35-54 ノロウイルスとそれによる食中毒に関する記述である。

35-54 ノロウイルスとそれによる食中毒に関する記述である。

スポンサーリンク


35-54 ノロウイルスとそれによる食中毒に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 数十から数百個のウイルス量で感染する。

⑵ 食中毒が多く発生する時期は、夏季である。

⑶ ヒトからヒトへ感染しない。

⑷ 食中毒の予防には、75℃ 1 分間の加熱が推奨されている。

⑸ 主に二枚貝の貝柱に濃縮される。

解答・解説を見る

⑴ 数十から数百個のウイルス量で感染する。

⑵ 食中毒が多く発生する時期は、冬季(12月から翌年1月頃)である。

⑶ ヒトからヒトへ感染する

ノロウイルス感染者の糞便や吐物に多くのノロウイルスが排出され、それを介して感染する。

また、感染していても症状があらわれない者からの不顕性感染も確認されている。

⑷ 食中毒の予防には、中心部が85℃~90℃で90秒以上の加熱が推奨されている。

⑸ 主に二枚貝の貝柱の中腸線に濃縮される。


参考:厚生労働省,ノロウイルスに関するQ&A,https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html#15,2021年4月28日アクセス.

スポンサーリンク


コメント