ホーム » 投稿 » 35-61 穀類の加工品に関する記述である。

35-61 穀類の加工品に関する記述である。

スポンサーリンク


35-61 穀類の加工品に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ アルファ化米は、炊飯した米を冷却後、乾燥させたものである。

⑵ 無洗米は、精白後に残る米表面のぬかを取り除いたものである。

⑶ 薄力粉のたんぱく質含量は、12~13% である。

⑷ 発酵パンは、ベーキングパウダーにより生地を膨らませる。

⑸ コーンスターチは、とうもろこしを挽き割りにしたものである。

解答・解説を見る
⑴ アルファ化米は、炊飯した米をそのまま急速乾燥させたものである。

⑵ 無洗米は、精白後に残る米表面のぬかを取り除いたものである。

⑶ 薄力粉のたんぱく質含量は、7~9%である。

たんぱく質含量が12~13% なのは、強力粉である。

⑷ 発酵パンは、イースト菌による発酵により炭酸ガスが発生し生地が膨らむ。

ベーキングパウダーを使うことによって、発酵を介さずに記事を膨らませることができるが、焼き菓子や蒸しパンなどで用いられる。

⑸ コーンスターチは、とうもろこしを原料としてつくられるデンプンである。

とうもろこしの胚乳部分を挽き割りにしたものは、コーンミールである。

スポンサーリンク


コメント

関連記事