ホーム » 投稿 » 35-51 食品と主な香気・におい成分の組合せである。

35-51 食品と主な香気・におい成分の組合せである。

スポンサーリンク


35-51 食品と主な香気・におい成分の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ もも ――――――― ヌートカトン

⑵ 淡水魚 ―――――― 桂皮酸メチル

⑶ 発酵バター ―――― レンチオニン

⑷ 干ししいたけ ――― c─ウンデカラクトン

⑸ にんにく ――――― ジアリルジスルフィド

解答・解説を見る
⑴ グレープフルーツ ―――― ヌートカトン

モモの香気成分は、γ-ウンデカラクトンである。

⑵ イチゴ ―――――― 桂皮酸メチル

淡水魚の香気成分(生臭み)は、ピペリジンである。

⑶ シイタケ ―――― レンチオニン

⑷ もも ――― γ-ウンデカラクトン

⑸ にんにく ――――― ジアリルジスルフィド

スポンサーリンク


コメント