ホーム » 投稿 » 35-57 食品添加物に関する記述である。

35-57 食品添加物に関する記述である。

スポンサーリンク


35-57 食品添加物に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 生涯を通じて週に 1 日摂取しても健康に影響が出ない量を、一日摂取許容量(ADI)という。

⑵ 無毒性量は、ヒトに対する毒性試験の結果をもとに設定される。

⑶ 指定添加物は、天然由来の添加物を含まない。

⑷ サッカリンナトリウムは、甘味づけの目的で添加される。

⑸ エリソルビン酸は、細菌の増殖抑制の目的で添加される。

解答・解説を見る
⑴ 生涯を通じて毎日摂取しても健康に影響が出ない量を、一日摂取許容量(ADI:Acceptable Daily Intake)という。

⑵ 無毒性量(Non Observed Adverse Effect Level)は、動物に対する毒性試験の結果をもとに設定される。

無影響量(NOEL:Non Observed Adverse Effect Level)…毒性試験において、動物に対して試験期間中に与え続けても影響が認められない最大の量

最小毒性量(LOAEL:Lowest Observed Effect Level)…毒性試験において、動物に対して試験期間中に与え続けたことにより有害な影響が認められた最小の量

⑶ 指定添加物は、天然由来の添加物を含む

指定添加物とは?
指定添加物とは、厚生労働省が食品衛生法第12条に基づいて使用を認めている食品添加物。

⑷ サッカリンナトリウムは、甘味づけの目的で添加される。

⑸ エリソルビン酸は、酸化防止の目的で添加される。

スポンサーリンク


コメント