ホーム » 投稿 » 35-53 細菌性食中毒に関する記述である。

35-53 細菌性食中毒に関する記述である。

スポンサーリンク


35-53 細菌性食中毒に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ サルモネラ菌は、神経性の毒素を産生する。

⑵ 黄色ぶどう球菌による食中毒の潜伏期間は、 2 ~ 7 日間である。

⑶ ウェルシュ菌による食中毒の主症状は、血便である。

⑷ カンピロバクター感染症は、ギラン・バレー症候群の原因となる。

⑸ 腸管出血性大腸菌は、100℃ 3 分間の煮沸では殺菌できない。

解答・解説を見る
⑴ サルモネラ菌は、神経性の毒素を産生しない

神経毒を産生するのは、ボツリヌス菌である。

⑵ 黄色ぶどう球菌による食中毒の潜伏期間は、 およそ30分~5時間である。

⑶ ウェルシュ菌による食中毒の主症状は、下痢や腹痛である。

⑷ カンピロバクター感染症は、ギラン・バレー症候群の原因となる。

⑸ 腸管出血性大腸菌は、100℃ 3 分間の煮沸では殺菌できる。

腸管出血性大腸菌は、75℃で1分間以上の加熱によって殺菌できるので、100℃3分間の煮沸によって殺菌可能である。

スポンサーリンク


コメント