34-26 栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。


34-26 栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)グレリンは、脂肪細胞から分泌される。

(2)GLP 1(グルカゴン様ペプチド 1)は、空腹時に分泌が増加する。

(3)アディポネクチンの分泌は、メタボリックシンドロームで増加する。

(4)グルカゴンは、グリコーゲン分解を抑制する。

(5)アドレナリンは、脂肪細胞での脂肪分解を促進する。

解答・解説を見る
(1)グレリンは、から分泌される。
グレリンは食欲を亢進させる働きをもつ。

(2)GLP 1(グルカゴン様ペプチド 1)は、満腹時に分泌が増加する。
GLP1はインクレチンのひとつで、膵臓からのインスリン分泌を促進させ、血糖を降下させる。

(3)アディポネクチンの分泌は、メタボリックシンドロームで減少する。
アディポネクチンは脂肪細胞から分泌される善玉の生理活性物質のひとつ。

(4)グルカゴンは、グリコーゲン分解を促進する。

(5)アドレナリンは、脂肪細胞での脂肪分解を促進する。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント