コンテンツへスキップ

34-136 先天性代謝異常症とその食事療法の組合せである。

    スポンサーリンク


    34-136 先天性代謝異常症とその食事療法の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    (1)フェニルケトン尿症 ―――――乳糖制限食

    (2)メープルシロップ尿症 ――――フェニルアラニン制限食

    (3)ガラクトース血症 ――――――分枝アミノ酸制限食

    (4)ホモシスチン尿症 ――――――メチオニン制限食

    (5)糖原病Ⅰ型 ―――――――――糖質制限食

    解答・解説を見る
    (1)フェニルケトン尿症 では、フェニルアラニン制限食とする。

    (2)メープルシロップ尿症では、分岐鎖アミノ酸制限食とする。

    (3)ガラクトース血症では、乳糖制限食とする。

    (4)ホモシスチン尿症は、メチオニン制限食で正しい。

    (5)糖原病Ⅰ型では、糖質制限はかえって低血糖のリスクを高める。

    糖原病Ⅰ型では、グルコース-6-ホスファターゼ機構の障害により、低血糖や肝腫大がみられる。

    低血糖予防のため、頻回食としたり、糖原病治療用ミルクを使用する場合もある。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事