32-129 腸疾患の栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク

32-129 腸疾患の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)過敏性腸症候群では、カリウムの摂取量を制限する。
(2)潰瘍性大腸炎では、エネルギーの摂取量を制限する。
(3)潰瘍性大腸炎では、葉酸の摂取量を制限する。
(4)クローン病では、脂質の摂取量を制限する。
(5)クローン病では、ビタミンB12の摂取量を制限する。

解答・解説を見る

(1)過敏性腸症候群では、カリウムの制限はない。刺激物やアルコール、カフェインの過剰摂取は控え、生活リズムの是正や精神的ストレスに対するアプローチを行う。

 過敏性腸症候群では、精神的ストレスや生活習慣の乱れなどにより腸の機能が乱れ、下痢や便秘などの腹部症状がみられる。

 カリウム制限は、慢性腎不全患者(ステージ3b~)などに対して行われる。

(2)潰瘍性大腸炎では、脂質の摂取量を制限し、高タンパク質、高炭水化物食とする。

 経口摂取は、症状が落ち着いてきたら開始する。

(3)潰瘍性大腸炎では、葉酸の摂取量の制限はない。

(4)クローン病では、脂質の摂取量を制限する。

(5)クローン病では、ビタミンB12の摂取量の制限はない。

 ビタミンB12は、適量摂取する。(ビタミンB12の欠乏は、巨赤芽球性貧血の原因となる。)
 また、クローン病活動期では成分栄養剤による栄養管理が行われる。

コメント