32-119 静脈栄養法に関する記述である。

スポンサーリンク

32-119 静脈栄養法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)末梢静脈栄養法では、1日に2,000kcal投与できる。
(2)末梢静脈栄養法で投与できるアミノ酸濃度は、30%である。
(3)中心静脈栄養法は、1週間以上は実施できない。
(4)中心静脈栄養法の基本輸液剤には、亜鉛が含まれる。
(5)中心静脈栄養法は、在宅では実施できない。

解答・解説を見る

(1)中心静脈栄養法では、1日に2,000kcal投与できる。
 末梢静脈栄養法で投与できるエネルギー量は一日1000kcal程度である。

(2)末梢静脈栄養法で投与できるアミノ酸濃度は、数%~10%程度である。

(3)中心静脈栄養法は、1週間以上(長期間)の栄養管理が必要な場合に適用される。

(4)中心静脈栄養法の基本輸液剤には、亜鉛が含まれる。

(5)中心静脈栄養法は、在宅でも実施可能である。

コメント