32-117 骨格筋量のアセスメント指標である。



スポンサーリンク

32-117 骨格筋量のアセスメント指標である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)肩甲骨下部皮下脂肪厚
(2)血中ヒスチジン値
(3)血清CRP(C反応性たんぱく質)値
(4)尿中アルブミン濃度
(5)クレアチニン身長係数

解答・解説を見る

(1)肩甲骨下部皮下脂肪厚は、体脂肪量を反映する指標である。

(2)筋タンパク異化の程度を反映する指標として、尿中3-メチルヒスチジンがある。

ヒスチジン値は、ヒスチジン血症という遺伝性疾患の指標となる。

(3)血清CRP(C反応性たんぱく質)値は、炎症の指標である。

感染症や悪性腫瘍、外傷など体内の炎症反応により上昇する。

(4)尿中アルブミン濃度は、腎機能の指標となる。(腎障害のステージ判定など)

糸球体腎炎や、糖尿病性腎症、高血圧などにより高値を示す。
日本糖尿病学会の糖尿病治療ガイド2014-2015によれば、
正常尿:<30㎎/gCr
微量アルブミン用:30~299㎎/gCr
顕性アルブミン尿:≧300㎎/gCr
とされている。

(5)クレアチニン身長係数は、骨格筋量を反映する指標である。

コメント