32-120 食品が医薬品の薬理効果に及ぼす影響に関する記述である。

スポンサーリンク

32-120 食品が医薬品の薬理効果に及ぼす影響に関する記述である。(   )に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。
 ( a )であるワルファリンの薬理効果は、( b )を多量に含む食品を摂取することにより( c )する。

(1)抗炎症薬―――ビタミンA―――増強
(2)抗炎症薬―――ビタミンK―――減弱
(3)抗凝固薬―――ビタミンA――—増強
(4)抗凝固薬―――ビタミンK―――減弱
(5)抗凝固薬―――ビタミンK―――増強

解答・解説を見る

正しいのは、(4)抗凝固薬―――ビタミンK―――減弱

 ( 抗凝固薬 )であるワルファリンの薬理効果は、( ビタミンK )を多量に含む食品を摂取することにより( 減弱 )する。

 ビタミンKは拮抗作用によりワルファリンの抗凝固作用を減弱させる。その仕組みを簡単に表すと以下のようになる。
 ●ワルファリン → 血液凝固因子(プロトロンビン)産生を抑制
 ●ビタミンK → 血液凝固因子(プロトロンビン)産生の促進

 このような全く逆の働きによって、薬の作用は減弱する。

 *ビタミンKは、納豆やクロレラ等に特に多く含まれる。

 

コメント