32-125 高カイロミクロン血症の栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク

32-125 高カイロミクロン血症の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)炭水化物の摂取エネルギー比率は、30%E以下とする。
(2)たんぱく質の摂取エネルギー比率は、10%E以下とする。
(3)脂質の摂取エネルギー比率は、15%E以下とする。
(4)n-3系脂肪酸の摂取量は、制限する。
(5)食物繊維の摂取量は、制限する。

解答・解説を見る

(1)炭水化物の摂取エネルギー比率は、50~60%Eとする。

(2)たんぱく質の摂取エネルギー比率は、15~20%Eとする。

(3)脂質の摂取エネルギー比率は、15%E以下とする。さらに、脂肪酸としては中鎖脂肪酸や多価不飽和脂肪酸を中心とすることがすすめられている。

(4)n-3系脂肪酸の摂取量は、制限しない。

(5)食物繊維の摂取量は、制限しない。

 特に水溶性食物繊維は余分な脂質の吸収を抑えるため、摂取をすすめる。

コメント